ベランダサンダルを雨風から守る方法 >>

Web内覧会#15【全14ヶ所】我が家の収納まとめ

一条工務店 i-smart(アイスマート) 造り付けの収納たち。

一条工務店トータルシステムクローゼット

我が家が打合せをしていた当時、(2014年春~夏)、トータルシステムクローゼットは、「6坪に1つ+1つ」、標準でつけることができました。

現在は、「6坪に1つ」のようですね。

我が家は約36坪強ですので、36(坪)÷6(坪)+1(つ)=7(つ)。

7つの標準枠を全て使用させていただきました。

畳コーナー(AC-60T)

リビングに隣接している畳コーナーのシステムクローゼット。

いつかお布団を入れることになる可能性があるため、奥行の深い(2マス×奥行き90)タイプを選択しました。

納戸(AC-60A)

2階の納戸。

お客様用のお布団を収納するために設けました。奥行きの深い(2マス×奥行き90)タイプを選択しました。

洋室×2(QC-60F)

使用用途は、一般的な衣類等になる予定です。

奥行きはほどほどの方が使い勝手が良いと判断したため、奥行の浅い(2マス×奥行き60)タイプ。

脱衣室(QC-30D)

ここには、パントリータイプのシステムクローゼットを選択しました。

洗濯用の洗剤や小物。その他脱衣かご、下着、リネン等を収納する予定です。

奥行90タイプのものは手前の可動棚が使いにくそうだったため、奥行きの浅い(1マス×奥行き60)タイプ。

ブックシェルフ×2

一条工務店オリジナルの収納

シューズウォールとシュークローク

シューズウォールは扉3枚のサイズ。

シュークロークは半マス。狭いー!

テレビボード(7.5尺)

間取り上、片側収納の7.5尺しか採用できず。

L型キッチン収納とグランドカップボード

我が家はL型キッチンです。オプションでガスオーブンを希望したため、コンロ下の収納がありません。

シンク正面の上部の収納は明るさを重視して不要としました。

カップボードはi-smart(アイスマート)のグランドカップボードを選択。大きさは、上部180、下部135です。

リュクスドレッサー(W222R)

トイレの棚

その他収納

【寝室】クロークコーナー

ウォークインクローゼット仕様となっているため、天棚とポールが壁一面についています。

【ダイニング】押入れ(押入D)

ダイニングと玄関には、無料でいくつでも採用することができるという押入れを設けました。

ただ、この押入れには細かい仕切りや引き出しやカゴがないため、入居後に自在棚をDIYする予定です。

↓入居後、自在棚をDIYしました!

まとめ

収納計画は、ひとつの空間にひとつ、造り付けの収納を設けることを意識しました。

また、我が家の場合、モノがあふれる場所はリビング、ダイニング、洗面脱衣室、玄関まわり。

寝室や子ども部屋の収納はクローゼットやウォークインなどで十分に確保し、キッチンの収納も重視する方は多いと思いますが、上の場所の収納は見過ごされがちではないでしょうか。

リビング、ダイニングは、家人が長く過ごす場所であるためモノがあふれる場所です。

洗面脱衣室、玄関は、広さの割に置いておくと便利という名目でモノがあふれる場所です。

居室の広さと収納の確保はバランスが難しいところではありますが、事前に家族の持ち物を洗い出し、それらを新居で余裕をもって収納することができるように、収納計画を立てることをおすすめします。

収納【 Web内覧会】
スポンサーリンク
\ Follow me /
CASA blog@i-smart

コメント